梅干 梅干し屋坂本くにゆき 南高梅


「梅干し屋」の
  こだわり
農園紹介
梅の樹の1年
梅の漬け込みと
 天日干し
商品のご紹介と
ご注文

  送料と
お支払い方法
特定商取引・
個人情報取扱
に関する表示







              2022年2021年2020年
2019年2018年2017年2016年2015年
2014年2013年2012年2011年2010年
2009年2008年2007年2006年2005年

2022年4月19日(火)
 厳しい冬を越えると、初夏のような陽気が待っていました。仕事の方も、梅のせん定作業とうすいえんどうの収穫が重なる慌ただしい農繁期を越えて、少し落ち着いてきたところです。
 陽気はありがたいのですが、雨が降らなくて梅畑は困っています。例年だと4月は大雨が降ったりと雨には困らない季節のはずですが、今年の4月は記録的な少雨となっていて、梅の生育に悪影響が出そうで心配です。

2022年2月13日(日)
 2月になり日差しからは春を感じられるようになってきましたが、空気の冷たさはまだまだ続くようです。今季の「うすいえんどう」の収穫は少しずつ始まっているものの、収穫ペースはかなり遅れ気味です。梅の花もようやく咲き始めた園地やまだ蕾の園地などあり、全体としては例年より半月遅れといったところでしょうか。うすいえんどうのインターネット販売は2月20日頃から受付開始とさせていただきます。どうぞよろしくお願いいたします。

 
2022年1月3日(月)
 謹んで新年のご挨拶を申し上げます。
ここみなべ町でも大晦日、元日と厳しい寒波に見舞われていましたが、2日、3日は穏やかで晴れやかな天気に恵まれています。朝、南部平野を見渡せる高台に登ってきましたが、新年に相応しい清々しい眺めです。
 我が家は今年も家でのんびりしたお正月です。年末に少しだけ収穫できた「うすいえんどう」で妻が「うすい栗きんとん」を創作してくれました。うぐいす色と「うすいえんどう」独特の風味が香る爽やかな栗きんとんです。
 ところで、新型コロナウイル禍がおこってから、生物について特に関心を持つようになりました。先日読んだ本の中で「進化と進歩は違う」という言葉がありました。「進化」は変異による多様性から生じる環境への適応で、そして「進化」は時に退化をともない不必要なものを切り捨てていきます。
 人も、近年の経済自由主義の発展・グローバル化による、めまぐるしい環境変化への適応という意味で、価値観や生活様式を進化させてきました。しかし考えないといけないことは、それはあくまで環境への適応であって、人が自らの意思で選択した訳ではないということです。人と社会がより良く「進歩」するためには、ただ単純に環境への適応を最適化するのではなく、「少し止まって考える」ことも必要ではないかと思います。

前年のログへ >> 


▲ページのトップへ