梅干 梅干し屋坂本くにゆき 南高梅


「梅干し屋」の
  こだわり
農園紹介
梅の樹の1年
梅の漬け込みと
 天日干し
商品のご紹介と
ご注文

  送料と
お支払い方法
特定商取引・
個人情報取扱
に関する表示







       2018年2017年2016年2015年
2014年2013年2012年2011年2010年
2009年2008年2007年2006年2005年

2018年10月14日(日)
 我が家に新しい家族がやってきました。柴犬の「りゅうきち君」です。
 以前から「犬を飼いたい」と子どもから要望がありましたが、なかなかその機会に恵まれませんでした。今回良いお話しを頂いていよいよ我が家にやってくることになりました。穏やかな性格のよい柴犬だそうで、我が家に来てからも落ち着いた様子です。子ども達は大喜びで、これから長い付き合いのスタートです。


2018年10月6日(土)
 今年は、猛暑の夏が過ぎると、雨や台風に悩まされる秋になっています。
 8月下旬から3度、台風が和歌山県を襲いましたが、1番大荒れとなったのは台風21号でした。関西空港が浸水などに大被害を受けた台風ですが、みなべ町でも近年にない被害となりました。この台風、我が家は大きな被害こそなかったですが、家に畑に倉庫に爪痕を残していきました。
 台風もそうですが、雨が多くて「うすいえんどう」を作付けする田んぼが乾かなくて困っています。なんとか3カ所あるうちの2カ所は耕して種まきをすることができ成長してくれていますが、あと1カ所が乾きが悪くてトラクターで耕すことができません。種まきの適期からどんどん遅れてくるので気を揉む今日この頃です。


2018年8月2日(木)
 今年は気温・降水の振れ幅が大きく、農業を営むにあたって気を揉むことが多いのですが、梅の作柄はここ数年では1番よく、豊作となりました。
 ただ今梅干し作業の真っ只中で、天候がよいと梅干しも良く乾いて順調に進みます。
 梅畑も先日まとまった雨が降ってくれたおかげで潤っており、今年の夏は干ばつに悩まされることはなさそうです。
 しかし年々、確実に気候の振れ幅が大きくなってきているようで、農業の気候変動リスクは高まってきている気がします。


2018年4月14日(土)
 寒い冬が去ったと思えば初夏のような陽気が続き、うすいえんどうの収穫で大わらわでした。寒さで収穫が遅れていた分が暑さで一気に実って、これほどうすいえんどう作りが大変で難しいシーズンは初めてです。
ようやく落ち着きを取り戻してきましたが、残りの収穫もあと僅かとなりました。
今季うすいえんどうのインターネット販売は4月20日受付を最後とさせて頂きます。なお、収穫量がかなり少なくなっておりますので、ご希望のお届け日時にお届けできないこともございますのでどうぞ御了承下さい。
梅の生育は、これも冬の寒さで開花がかなり遅れましたが、その後の高温で一気に成長が進み、平年か平年より早いくらいの生育ステージを迎えています。

2018年3月6日(火)
 長く居座った寒気が抜けて、春らしい暖かい日が訪れるようになりました。
 我が家のうすいえんどうの収穫期もかなり遅れていましたが、やっとまとまった量を収穫できるようになってきました。しかし低温の影響で実入りの充実が思わしくなく、例年より良いさやが少ない状況です。
もう少したてば良いさやが収穫できるようになると思いますので、大変お待たせして申し訳ございませんが、うすいえんどうのネット販売は3月12日(月)からの受付とさせて頂きたいと思います。どうぞよろしくお願いいたします。


2018年2月14日(水)
 ハウス栽培している我が家のうすいえんどうですが、近年にない低温のため熟期が大幅に遅れています。ここまで遅くなることはあまり記憶にないのですが、この厳冬は人間にも農作物にも歓迎できるものではありません。暖かい日を待ち望む今日この頃です。うすいえんどうのネット販売は2月下旬〜3月上旬開始となりそうです。お待たせして申し訳ありませんが、どうぞよろしくお願いいたします。


2018年1月19日(金)
 ようやく寒気が緩んで、暖かい日が続いています。梅のつぼみもようやく膨らんできました。最高気温が10℃を超えてくると、畑での体感も全然違います。
 しかし暖かいのも束の間、来週には最強寒波がやってきてかなり冷え込むようです。
 人間も梅のつぼみも今週の暖かさに騙されないで、じっくりと春の訪れを待ちたいものです。
 我が家のうすいえんどうもハウス栽培とはいえ、寒さの影響で収穫期が遅れています。本格的な収穫期は2月中旬以降になりそうです。

2018年1月3日(水)
 新年あけましておめでとうございます。我が家では、年末年始とくにどこに出掛けるでもなく家で穏やかな休日を過ごしています。
 そんな中で私が思う今年の抱負を一言で言えば「原点回帰」です。
 梅づくり、うすいえんどうづくりをもう一度初心に返って考えてみる。それから毎日の時間の使い方。ここ数年、子育てや地域での役割の中で慌ただしく毎日が過ぎ去ってきましたが、もう一度毎日の生活習慣を見直していきたいと思います。
 考えなければいけないことは、自分も歳を重ねる毎に確実に体力・筋力が衰えてきて、以前と同じ仕事をこなすのに、以前と同じやり方では通用しないということです。スポーツ選手ほどではありませんが農家もある種それに近いところがあり、どれだけ自分のコンディションをキープできるかが良い仕事をする必須条件になってきます。そのために、梅づくり、うすいえんどうづくり、にプラスして自分の体づくりにも気をつけていきたいと思います。
 今年もどうぞよろしくお願いいたします。

前年のログへ >> 


▲ページのトップへ