梅干 梅干し屋坂本くにゆき 南高梅


「梅干し屋」の
  こだわり
農園紹介

梅の漬け込みと
 天日干し
商品のご紹介と
ご注文
  送料と
お支払い方法
特定商取引・
個人情報取扱
に関する表示
「このごろ」ログ



早 春


梅の開花は早く、年が明けると少しずつ開き始め、2月頃に満開を迎えます。畑が花で一面真っ白になって、毎年見慣れているはずの私たち梅農家も魅せられます。また花のいい香りが漂い、天気のいい日にはミツバチが飛び交います。ミツバチは梅の結実に必要な受粉作業をしてくれるので、この時期には養蜂家さんから巣箱をお借りして畑に置いているのです。
春
梅の花が散り、小さな実が顔を出してきます。そして春は新緑の季節。樹に活力がみなぎって枝葉がぐんぐんと成長します。それにつれて果実もどんどん大きくなっていきます。

梅 雨


←梅雨はその名の通り、梅の収穫の季節。果実が光沢をおびはじめ、いい香りが漂います。南高梅は日光の当たる部分に紅色がさすのが特徴で、美しさが際立ちます。
(写真はわたしの母です)
我が家で梅干しに漬け込む梅は、自然落果するまで樹上で良く熟したものです。これを収穫ネットで受けて拾い集め、梅漬けを行います。
これにより、柔らかく良質の梅干しに仕上がります。→
梅の漬け込みについての詳細はこちら
夏
夏、収穫シーズンを終えた梅の樹は枝の成長も完成し、はやくも翌年の準備を始めます。花のもとになる部分はこの時期につくられます。そして夏の日差しを受けて、養分を蓄え始めます。
梅の作業は、畑仕事よりも梅干しの天日干しが中心となります。

秋〜冬
秋から冬にかけて、木枯らしが吹き始めると梅の樹は落葉します。落葉してしまった梅畑は、冷たい風とあいまって余計に寂しく感じます。しかし年末が近づくと蕾が少しずつ膨らんでくるのが分かります。開花はもうすぐなのです。
梅の作業はせん定が中心です。


▲ページのトップへ